シリコン?ノンシリコン?本当に良いのはどっち? | 薄毛・抜け毛に悩むあなたのための育毛シャンプーの使い方ガイド


シリコン?ノンシリコン?本当に良いのはどっち?

シャンプーに使われている成分にはシリコンというものがありますが、これを使用していないノンシリコンシャンプーというものもあります。シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーで髪にほんとうに良いのはどちらでしょうか?

シリコンは合成シャンプーに含まれている成分で、このシリコン入りのシャンプーを使用すると、髪のツヤが出て、手触りが良くなったりサラサラになります。しかし、実際に髪質がよくなった…という事にはならず、傷んだ髪でも上からシリコンでコーティングすることで、一見髪質がよくなったように感じさせる効果があるのです。

つまり、これは見せかけの髪質に過ぎず、本来の髪は傷んだままなので、全く根本的な解決にはならないのです。

ノンシリコンシャンプーはこのシリコンを含まないシャンプーという事になります。敢えてノンシリコンと歌っているということは、この見せかけの髪質でなく、もっと本質的な改善を目指しているという意思表示を感じます。そこでノンシリコンシャンプーは髪の状態を元から健康に戻していくことを意図しています。

そのため、シリコンシャンプーに比べ、髪に対しての影響は良いものと言えます。ただ、育毛シャンプーはより積極的に頭皮環境の改善を目指して作られているため、ノンシリコンシャンプー以上に育毛効果は期待できるものになっています。

ノンシリコンシャンプーは髪の毛への影響を考えて作られていますが、育毛シャンプーでは髪のみならず、より根本的な頭皮環境の改善を目指しています。そのため、薄毛が気になりだした方には、ノンシリコンシャンプー以上に育毛シャンプーをおすすめできます。