こんな行為は髪と頭皮に悪い!育毛を阻むNG行為とは? | 薄毛・抜け毛に悩むあなたのための育毛シャンプーの使い方ガイド


こんな行為は髪と頭皮に悪い!育毛を阻むNG行為とは?

あなたは育毛をしたいと思っていながら知らずに髪や頭皮に悪い行為を行っているかもしれません。できるだけ早くそのNG行為はやめるようにしましょう。

ではその髪に悪い行為とはどのような行為なのでしょうか?

まずは基本的なことですが、偏った食生活、不規則な生活、睡眠不足、ストレスの溜まるような生活は全てNGです。

まずは油の多く含む食事ばかりをとっていると、頭皮に油脂が溜まりやすくなるので、髪の成長を妨げてしまいます。

次に、毛髪の成長が最も活発になる夜10時〜2時までの時間には睡眠を取るのがよいでしょう。

ストレスも溜めると頭皮の血行が悪くなるため、出来るだけストレスは発散するようにしましょう。

ダイエットもやり方によっては、抜け毛を増やしてしまう場合があります。過度の食事制限によるダイエットは、必要とされるエネルギーやアミノ酸などの栄養素が不足し、髪の毛の素になる毛母細胞の活動を鈍らせてしまいます。そのため、抜毛が気になる方はこのような過度のダイエットを選ばず、他のダイエット法を検討して下さい。

また、育毛の意識が高いことが災いし、シャンプーの回数を増やしてしまう方もいらっしゃるようですが、過剰なシャンプーは、本来必要な油脂までも削ぎ落としてしまう事もあり、そうなってしまうと頭皮の荒れやフケを増やしてしまうことになり、抜毛の原因にもなってしまうのです。

そして、十分な洗髪をしないまま育毛剤を使うことは、抜毛につながらないまでも、育毛効果がほとんど期待できないという自体を招いてしまいます。育毛剤をする前には刺激の少ない育毛シャンプーで丁寧に頭皮を洗ってから育毛剤を使うようにして下さい。

このように、髪や頭皮に悪い行為はたくさんあるので、育毛に関する正しい知識を持つことが、効果的な育毛を行うためには必要なことです。