育毛シャンプーに含まれている主な成分とその働き | 薄毛・抜け毛に悩むあなたのための育毛シャンプーの使い方ガイド


育毛シャンプーに含まれている主な成分とその働き

育毛シャンプーは髪及び頭皮を洗浄する役割と、育毛するための役割があります。なぜ敢えて育毛シャンプーにする必要があるのかと考えますと、一般的なシャンプーでは界面活性剤が使用され、頭皮環境の悪化で抜毛が増えている方にとっては、刺激が強く抜毛が悪化してしまうためです。

それでは育毛シャンプーに含まれる主な成分について解説していきましょう。まずは育毛シャンプーでは、刺激が弱いことが重要になってきます。その低刺激でいながらしっかり洗浄出来る成分が主なものになっています。

まずはその成分はアミノ酸系であることが大事です。そして、髪や頭皮は弱酸性が正常な状態なので、同じph値(ph3.5〜6.0)のものを選んだほうが良いです。そして頭皮に良い成分として「馬油」「海藻」「クレイ(泥)」が最近の人気の育毛シャンプーで使われています。

また育毛シャンプーの洗浄成分でグルタミン酸などの低刺激でありながらしっかりと洗浄力のある成分や、保湿や血行促進効果を高めるアルガンオイルといった有効成分も注目されています。

このように育毛シャンプーでは刺激が強くないものを選び、弱酸性の成分が選ばれています。これら有効成分の含まれた育毛シャンプーを選び、根気強く地道に長い期間続けていくことで効果も見えてきます。

効果が現れるまで非常に根気が要る育毛シャンプーなので、長く続けていく事は非常に大事ですが、もしご自分の頭皮に合わずに、頭皮が荒れたりした場合には、使用をやめて別の育毛シャンプーを探す必要がある場合がありますので、気をつけて使用して下さい。