薄毛の原因は年齢や性別、生活習慣で異なる | 薄毛・抜け毛に悩むあなたのための育毛シャンプーの使い方ガイド


薄毛の原因は年齢や性別、生活習慣で異なる

薄毛になってしまう原因は、性別や年齢そして生活習慣によって異なってくると言われています。それぞれ見ていきましょう。

女性の薄毛の原因はほぼ加齢によるものが多いです。女性は加齢とともに女性ホルモンが減少していきます。女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になっていくことで、毛髪が細くなっていき、抜毛も増えていきます。男性と違い、部分的に禿げあがっていくような薄毛ではなく、全体的に薄くなっていき、隙間が目立つようになります。

また、最近では脱毛に悩む小学生が増えていることが問題になっています。最近の小学生は、偏った食生活、運動不足のほか、学習塾などの習い事は増え、そのストレスなどが原因で薄毛が進行しているようです。

思春期・青年期の男性は、成長ホルモンの分泌が活性化しますが、それに大きく関わっているのが男性ホルモンです。この男性ホルモンのうち、ジヒドロテストステロンと呼ばれる強力な男性ホルモンがありますが、毛乳頭や皮脂腺にある酵素と結びついて生成されます。ジヒドロテストステロンは髪の成長を妨げ、若年性脱毛症を引き起こすのです。

最後に中高年期の男性の脱毛を見ていきます。老化による身体の衰えにより、動脈硬化が原因で血のめぐりが悪くなってしまうことで、体毛や髪が薄くなっていきます。老化により細胞の働きが低下していくことで起こる脱毛のため、老人性脱毛症と呼ばれます。

また、全般的に生活習慣も抜毛に大きく影響します。運動不足による代謝の低下から筋肉の血行不良や、自律神経系の乱れを引き起こし、頭へ流れる血行不良の原因ともなってしまいます。精神的なストレスももちろん薄毛の原因になりえます。

このように、抜毛にはその原因は性別、年齢、生活習慣など様々なものが考えられます。髪の毛が薄くなってきたら、自分がどのような原因で薄毛が進行したのかを正しく知ることが、効果的な対策を考えるのに必要になります。抜毛が気になりだしたら、闇雲に対策を練るのでなく、正しい知識を持つことが重要です。